DP-Airless                                  

Dino-Power Airless Paint Sprayers Blog

painting your world

Browsing Posts published by admin

hvlp vs airless

109 comments

there’s always people asking us which is better? HVLP or Airless?
actually they are totally different items
HVLP items (air or electric) is low pressure painting, it’s idea for small area painting jobs.
nobody use it for big house / wall / roofing / factory painting jobs, because it only has small paint contaienr , like 600ml, 1000ml.
and you must change it again and again after use up.

but for airless spraying, you just put the suction hose into the big bucket, and the pump machine will transfer the fluid into the spray gun which could be connected by 15meter, 30meters hose
that’s mean you could use your spray gun on 2nd floor, or 3rd floor, while the pump sprayer machine is on the ground floor.
you don’t need to change the pot, just spray it continuely till the job is finished.

so airless paint spraying is totally designed for big area painting jobs, from low viscosity to high viscosity, water-based, or oil-based, with or without grains, paint / stains / lacquer / filler / putty / plaster etc.

hvlp airless

105 comments

hvlp = high volume low pressure
airless = no air
hvlp airless = electric paint spray gun kit
that’s the latest new spraying product for DIY users.
the people could use it for private DIY jobs, like home, house, wall, garden, fence, table, desk …
you can use it for water based painting and oil based coating also.
but you must need to clean it throughly everytime after using.

– Operating instructions
Mixing the paint
• Step 1: First measure the viscosity of
the paint. To do this, stir the paint well,
then dip the viscosity measurement
beaker (9) into the paint and fill to just
below the rim. Raise the beaker and
wait to see how long it takes until the
paint has drained completely (Fig. 5).
The maximum viscosity value for this
spray gun is 30 to 35 seconds.
• Step 2: Thinning the paint. If the
value is lower than 30 seconds, you
will not need to thin the paint. If the
value is greater than 35 seconds, the
paint must be thinned until a value of
between 30 and 35 is reached. Always
thin paint in small amounts using a
suitable thinner. When choosing a
thinner, observe the instructions from
the manufacturer in order to ensure
that * you are using the correct thinner
type and that the paint can be thinned.
Stir the paint thoroughly before and
after thinning. Do not thin the paint
beyond the recommendations of the
manufacturer.
• Step 3: Sieve the colour through a
fine metal sieve or nylon stocking in
order to remove any particles that
may block the gun.
• Step 4: To remove the paint
container (1) turn it anti-clockwise
(Fig. 6). Pour the paint into the
container. Only fill the container with
paint up to the point where it starts
to narrow, then screw the container
firmly to the spray gun (Fig. 6). Make
sure that the seal (6) in the lid and
the feed hose (2) are not damaged
and are fitted correctly.
Preparing the surfaces
• Good preparation is essential for
perfect results.
• Remove any old, flaking paint and
sand the surface. The surface must
be free from dirt and grease.

– Spraying instructions
Operating elements of the spray gun
1. Spray cap (5): Releasing the securing
ring allows the direction of the air to
be set. The horizontal setting is
recommended for spraying up and
down, the vertical setting for spraying
from side to side.
2. Paint quantity regulator (8): This
regulator controls the amount of paint
released when the trigger on the handle
is pushed. The paint quantity regulator
must be set before any painting work is
carried out. We recommend that you
start with a test area.
3. Handle (12) of the spray gun: As
soon as the compressor is switched
on, the spray gun is supplied with
compressed air. The paint only flows
when the trigger (a) on the handle is
actuated.
Handling the spray gun
Before you start spray painting, always
test the paint on a separate test surface.
Spray painting requires patience and
practice. You will always produce better
results if you follow these basic tips.
Holding the spray gun
Hold the gun between 150 and 200mm
from the surface (Fig. 8). If you hold the
gun too close to the surface or move
the gun too slowly the paint will run. Too
much paint will cause streaks, whilst not
enough paint will result in a thin, foggy
surface.
Operating the handle
Press the trigger on the handle to start
spraying and let go at the end of each
individual sweep. This will result in an
even surface.
General instructions for spray painting
Individual spraying movements should
always be carried out at a constant
speed. Always keep the gun at the same
distance to the surface. Avoid rocking or
circular movements. Hold the gun straight
and maintain an even distance.
Overlapping technique
When spray painting, the previous sweep
should be overlapped by about 1/3. We
recommend using a crossing pattern.
Start with horizontal sweeps and finish
with light vertical sweeps. When spray
painting larger surfaces, for example, a
fence, we recommend dividing the work
into sections of one metre. Make sure
you use the overlapping technique when
starting each new section.

无气喷涂机的优点以及特点
高压无气喷涂机利用高压柱塞泵将涂料增压至3000PSI(210kg/cm),获得高压的涂料通过高压软管输送到喷枪,经由喷嘴释放压力形成雾化,从而在墙体表面形成致密的涂层。由于涂料雾化不需要压缩空气,故称为无气喷涂。

其具有以下优点:

第一、极高的涂装效率。喷涂效率高达每小时500-1200平方米,是传统滚筒施工的10倍以上

第二、极佳的表面质量。喷涂涂层平整、光华、致密、无刷痕、滚痕、和颗粒。

第三、延长涂层使用寿命。高压无气喷涂能使涂料颗粒深入墙体空隙,使漆膜也墙面形成机械咬合,增强涂料附着力,延长使用寿命。

第四、轻而易举地攻克拐角、空隙和凹凸不平的难刷部位

第五、节省涂料。刷涂厚度极不均匀,一般在30-250微米,涂料利用率低,而无气喷涂很容易获得厚度为30微米的涂层,相对节省涂料20-30%。

Important
Before operating an airless sprayer, the operator must:
• Be designated or directed by supervisory personnel to operate the sprayer.
• Read and understand the manufacturer’s operational instructions and these safe work practices.
• Receive instruction from experienced shop personnel in the operation of the machine.
• Read and understand the Safe Work Practices for electrical machinery.
Personal Safety
1. When painting indoors, the operator must wear a respirator.

2. Never aim the gun at any part of the body. Never allow a hand to be in front of the gun. Gloves will not provide protection against an injury. A high pressure stream of paint produced by this equipment can pierce the skin and underlying tissues, leading to serious injury and possible amputation.

3. In case of skin injection, see physician immediately.
Operational Safety
1. Never use a spray gun which does not have a trigger lock or trigger guard in place and in working order.

2. Report any unsafe condition to a supervisor. Equipment which has obvious defects may not be used until it is repaired.

3. Paint hose can develop leaks from wear, kinking, abuse etc. A leak is capable of injecting material into the skin. The paint hose should be inspected before each use.

4. Always have the tip guard in place while spraying. The tip guard provides some protection against injection injuries but is mainly a warning device.

5. Always lock the gun trigger, shut fluid pump off and release all pressure before servicing, cleaning tip guard, changing tips, or leaving unattended. Simply turning off the pump motor will not release pressure in the system. The Prime Spray Valve must be turned to the pressure release position to relieve the pressure.

6. Always remove spray tip before flushing or cleaning the system.

Hazard of Explosion or Fire
Solvent and paint fumes can explode or ignite causing property damage and or severe injury.
Exposure or Fire Prevention
1. Work area must remain well ventilated.

2. Do not spray paints or other flammable fluids that have a flash point below 70 degree F (21 degree C).

3. Avoid all ignition sources such as static electricity sparks from connecting and disconnecting power cords and working light switches.

4. Fire extinguishing equipment must be present and in working order.

5. Keep the pump away from spray area to avoid solvent and paint fumes.

6. High velocity flow of material through equipment may develop static electricity. The equipment being used and objects in and around the spray area must be properly grounded to prevent static discharge and sparks.

7. Use only conductive or grounded high pressure fluid hoses for airless applications. Be sure that gun is grounded through hose connections.

8. Follow the material and solvent manufacturer’s safety precautions and warnings.

9. When flushing equipment use lowest possible pressure.

Hazards of Explosion Hazard Incompatible Materials
May cause property damage or severe injury
Explosion Hazard Incompatibility Materials Prevention
1. Halogenated hydrocarbon solvent such as methylene chloride and 1, 1, 1- Trichlorethane are not compatible with aluminum and may cause an explosion. If unsure of a material’s compatibility with aluminum, contact your coating’s supplier.

2. Some spray guns and accessories cannot be used with halogenated hydrocarbon solvent. Be certain of compatibility before use with halogenated hydrocarbon solvents.
3. The Spray Tech pump is not compatible for use with halogenated hydrocarbon solvents.

Hazardous Vapors
Paints, solvents, insecticides, and other materials may be harmful if inhaled causing severe nausea, fainting, or poisoning.
Hazardous Vapors Prevention
Use a respirator or mask whenever there is a chance that vapors may be inhaled.

Read all instructions with the mask to assure that it will provide the necessary protection against the inhalation of harmful vapors.

General Hazards
May cause property damage or severe injury.
General Hazards Prevention
1. Read all instructions and safety precautions before operating.

2. Comply with all appropriate local, state and national codes governing ventilation, fire protection.

3. This pump is designed to be used with authorized Spray Tech parts only. When using this pump with parts that do not comply with the minimum specifications and safety device of the pump manufacturer, the user assumes all risk and liabilities.

4. Before each use check all hoses for cuts, leaks, abrasion or bulging of cover or damage or movement of couplings. If any of these conditions exist, replace the hose immediately. Never attempt to repair a damaged or worn high-pressure paint hose. Replace it with another grounded hose.

Warnings
1. If a metal container is used, ground the gun by holding against the edge of the container, in order to ground the container while flushing. Failure to do so may lead to static electric discharge, which may cause a fire.

2. Be sure to follow the pressure relief procedure when shutting the unit down for any purpose including servicing or adjusting any part of the spray system, changing or cleaning spray tips, or preparing for clean up.

Did you know that the more luster paint finish is more resistant it is to water?
All paint has a particular characteristic and so it’s important to know exactly what kind you want to paint. The PVA latex paint, based on polyvinyl acetate, for example, is not as resistant to weathering such as rain, humidity and sun, and is therefore more suitable for internal use. It is available only in matte finish and therefore is not washable. Since the acrylic is stronger and more durable because it has beyond the matte finish, which can be cleaned with a damp cloth, satin and semi-gloss to allow washing with a soft sponge, mild soap and water. Both the PVA latex paint as acrylic can be applied with brush, roller, brush or spray. If you choose the finishing gloss remember to correct all the imperfections of the wall before painting, because the higher the brightness should be the best surface preparation.

塗料の種類説明

15 comments

塗料の種類
塗料の種類を説明するには、塗料をどう見るのか(使うのか)によって変わってきます。
被塗物(塗る素材)による種類
●プラスチック用塗料
●紙用塗料
●ゴム・皮革用塗料
●コンクリート用塗料
●木工用塗料
●軽合金用塗料
●鉄鋼用塗料

塗膜の性状による種類
●多彩模様塗料
●複層仕上げ塗料
●艶無し塗料
●艶あり塗料
●透明塗料
●着色(白・黒・他)塗料

塗膜の状態による種類
●粉体塗料
●水性塗料
●エマルション塗料
●ゾル型塗料
●多液型塗料
●調合ペイント

顔料の種類による
●ジンクリッチペイント
●グラファイトペイント
●アルミニウムペイント
●鉛丹ペイント
●チタン白ペイント

成分(塗膜主要素)による種類
●塩化ゴム系塗料
●不飽和ポリエステル樹脂塗料
●ウレタン樹脂塗料
●エポキシ樹脂塗料  
●アクリル樹脂塗料
●ビニル樹脂塗料
●アミノアルキド樹脂塗料
●アルキド樹脂塗料
●ニトルセルロース塗料
●油性塗料

乾燥方法による種類
●電子線硬化塗料
●紫外線硬化塗料
●触媒硬化塗料
●加熱溶融型塗料
●焼付乾燥塗料
●自然乾燥塗料

塗装工程による種類
●上塗り塗料
●中塗り塗料
●下塗り塗料
●下地塗料

塗装方法による種類
●カーテン塗り用塗料
●電着塗料
●浸し塗り用塗料
●ローラー塗り用塗料
●静電塗装用塗料
●吹付塗り用塗料
●刷毛塗り用塗料

塗膜の機能による
●電気絶縁塗料
●貼り紙防止塗料
●結露防止塗料
●滑り止め塗料
●真空蒸着用塗料
●ストリッパブル塗料
●示温塗料
●防音・防振塗料
●蛍光・発光塗料
●耐熱・防火塗料
●耐油・耐薬品塗料
●防カビ塗料
●船底塗料
●錆止め塗料

 
これらの全てを知ることはあまり意味を持たないと思いますので、最近の塗料の動向について説明し、私なりに塗料の種類について説明したいと思います。
塗料の種類は大きく分ければ2つ

(強引ですが、その方が分かりやすいので)
 塗料には、大きく分けると 溶剤系と水性系の2種類に分けられます。
 (溶剤系は、溶剤(シンナー)で薄めて使用します。 水性系は、清水で薄めて使用します。 最近は、無溶剤系の塗料も出始めています。)
自動車やバイクの塗装での塗料の種類
自動車板金等の高彩色(鮮やかな色やパール・メタリック等)での塗装では、塗料の種類は、溶剤系が主流で一液系の特殊アクリル樹脂等で色付けを行い、ウレタンの溶剤系クリヤー(ウレタン塗料)で艶と保護膜を形成する(2コート・3コート塗装<2種類・3種類の塗料を重ねる塗装>)塗装方法がとられています。

趣味で、バイクや自動車・溶剤に耐えるプラッスチック製品等をエアースプレー塗装するには、艶と耐候性が良いウレタン樹脂塗料がお勧めです。DSC_2214.JPG
ただし、これらの塗料の種類(ウレタン樹脂塗料)は、エアースプレー塗装するように塗料設計されているので、刷毛やローラー等で塗る場合は、注意が必要です。(極端に厚付けを行うと割れたり・泡を吹いたりします。)

初めての方でも扱いやすい塗料の種類
木やプラスチックに塗る場合、扱いやすいのは水性塗料系の塗料だと思います。
塗料としては、溶剤臭はしませんが、独特な塗料臭がします。ですが、溶剤に比べれば圧倒的に匂いは少ない塗料です。
住宅などの外壁などは、現在ほとんど水性塗料が塗装されています。
特徴は、何といっても環境や人に易しい事です。
欠点として、強溶剤系のウレタン樹脂塗料では発色するような高彩色の色合いが水性では再現できない事です。

住宅の塗替えで使用される塗料の種類
 住宅等の塗替えでは、最近の傾向として塗装道具は、エアレスやエアースプレー塗装から刷毛やローラーに変わり、周囲の環境やVOC規制の面から水性や弱溶剤型塗料(塗料用シンナーで希釈するタイプ)のような低臭タイプの塗料が好まれています。
水性塗料には、同じ目的の使用でも樹脂の異なる水性バージョンが各塗料メーカーから発売されています。
外壁の塗り替え工事等で使用される水性の上塗り塗料には
ウレタン樹脂( 日本ペイント社製 オーデフレッシュU)
シリコン樹脂( 〃 オーデフレッシュSi等)
フッ素樹 (  〃オーデフレッシュF等 )等
の商品がラインナップされています。
これらの差は、一言でいえば耐久年数の差です。当然、一番高価なフッ素樹脂の耐久年数が長く、10年~15年(周囲の環境等により異なります。)位が想定されます。
商品のバリエーションの多さはメーカー側から、お客様の様々なご要望に答えようとする姿勢の表れです。

部材による塗料の種類と目的による塗料の種類
塗料を塗る時、考えなければいけない事に、どこに塗り、何の為に塗るのか明確に考える必要があります。
なぜなら、特に溶剤系の塗料の中には塗膜の強さを追及する為に、強い溶剤を使用するタイプがあります。当然、その強溶剤に下地(素材)は耐えなければいけません。
(耐えなければ塗膜として成立しません。 塗料の役割の一つに素材の保護があります。)
目的も同様で、1年素材を守れば良いのか10年なのか、塗料の種類も当然変わってきます。価格も高価になり、塗装もコート数が多くなる塗装となります。

 溶剤では、一般的にエポキシシンナー →ラッカーシンナー→ウレタンシンナー→塗料用シンナーの順で弱くなります。(注意! 細かく言えばケースにより順序が逆になる場合もあります。)と同時に、塗料の場合は素材への密着も考える事が必要です。
メーカーのその塗料の想定素材なのかどうかカタログで判断できるともいます。
水性塗料は、下地を起すケース(下地を溶かす現象)が少ないので重宝されますが、下地が油性系の塗料の場合、ハジキが出たり密着不良になったりする事があるので注意が必要です。
機能による塗料の種類
塗料の3大効果(被塗物の保護・美粧・機能の付与)の一つ、機能の付加で塗料の種類を考えます。
多くの機能がありますが、ポピュラーな種類をご紹介すると、耐熱塗料が上げられます。

長時間の100℃以上の熱でも変色しない塗料が耐熱塗料ですが、耐熱塗料には設定温度によって800度でも変色しない塗料があります。
ダクトやマフラー等に塗られ、素材が腐食しないように保つのに役立つ塗料です。

現在の塗料の種類(商品名集)
現在の塗料市場に存在する塗料の種類を全て把握することは、不可能なので一年に一度、
日本塗料商業組合から塗料商品名集が発行されています。
メーカー別に分類され、それぞれの塗料商品名に樹脂名・用途など明記されています。

塗装道具の紹介

16 comments

塗装道具の紹介
塗料を塗膜にする、塗装を行うとき塗装道具が必要です。
一般的な、塗装道具は、
 ・刷毛
 ・ローラー
 ・エアスプレーガン
 ・エアレス 
 ・塗料容器
 ・皮スキ等のケレン道具などがあります。
 
刷毛(ハケ)
塗装で一番メジャーな塗装道具は、刷毛です。刷毛の種類や使い方について説明します。
詳細ページ
ローラー
外壁などの大きな面積を塗るのに適した塗装道具は、ローラーです。
適切な使い方をすれば、アマチュアの方でも上手く塗装できるのがローラーです。
詳細ページ
エアレススプレーガン
コンプレッサーの圧縮空気を利用して、塗料を霧状にする塗装方法です。
詳細ページ
塗料容器
塗料を刷毛やローラーで塗るとき、片手には塗料容器があります。一般的に、刷毛塗るときには手缶、ローラーで塗るときには、ローラーバケットを利用します。
詳細ページ
皮スキ等のケレン道具
塗装の大切な前工程の下地処理の事をケレンと言います。そこで使用される道具がケレン道具です。

遮熱塗装
最近の夏場の暑さには、多くの方が閉口されていると思います。塗料・塗装業界では屋根材や壁面の塗装塗り替え工事のブームとして遮熱塗装があります。
各国産塗料メーカーも各社のコンセプトで、遮熱塗料を発売しています。

遮熱塗料とは、太陽光の赤外線を塗膜層において反射させ、素材の表面温度が上がらないようにする機能を持たせた塗料です。
特に、屋根材に塗装されることが多く、耐久性と赤外線の反射性が要求される塗料です。
現実のコストの話をさせて頂ければ、通常の屋根材の塗替え塗料の単価より遮熱塗料は高価であり、工程数も増えるのでコスト高にはなります。
 遮熱塗装を行って、光熱費の積算にメリットがある様であれば、十分検討する価値のあるエコ塗装だと思います。
遮熱塗料の注意点
2010年秋、現在の時点で明確な遮熱塗料の規格が統一されていません。近いうちに高反射塗料としての指針が規格化されるそうですが、現在では各メーカー独自の判断で遮熱塗料が発売されています。
あるメーカーは、建物全てを遮熱塗料で覆わないと効果がないといい、あるメーカーは、屋根材だけ遮熱塗装を行えば夏場涼しく冬場暖かく快適であるといいます。
 
 反射だけを考えた場合、通常の屋根材の白と遮熱塗料の黒では時に、通常塗料の白色が赤外線を多く反射する事があったりします。
つまり、遮熱塗装は、建物の周囲の環境や色相の選択等を十分検討した上で行う方が良いともいます。

床塗装(防塵塗装)
床塗装とは、
床用塗装とは、モルタルやアスファルト等の床面からのホコリが立たない様に、或いは、通路等の安全上の識別をする為(床に機能を持たせる為)に、床用塗料を塗装する塗装方法です。
 
床用塗料の種類
床用塗料は、同じ目的においても塗料のグレードが多く存在している塗料です。
グレードの差は、耐久性等の機能を持たせる事で上下します。
当然、グレードの上位の方が価格も上がります。グレードにより塗料の㎡当りの塗料の量(平米塗布量)が異なります。
弊社の様な販売店では、16kgの床用塗料が一般的で、グレード等により上塗り塗料で約50㎡(2回塗り)~約20㎡(2回塗り)等幅があります。
 
主な床用塗料の種類
①アクリルラッカー系床用塗料
特徴 とにかく速乾性で、価格メリットのある塗料です。 耐久性はさほど無く、めったに人が歩かない通路等に使用する事をオススメします。
塗替えは、同系のラッカー系か水性系・無溶剤系が可能です。ただし、塗替えを重ねて厚くなっている塗膜では、塗り替えの注意が必要です。(同系のラッカー系でも塗膜がひび割れたり、チジミ現象が起きたりします。)
溶剤臭がきついのも欠点です。
 
②水性系床用塗料
特徴 水性系で溶剤臭がしないのが特徴です。耐久性は①のアクリルラッカー系床塗料並みから若干良いタイプのハードタイプまで、商品化されています。
乾燥性は、アクリルラッカー系床塗料より劣りますが速乾性が多いようです。
用途は、人の歩く通路やハードタイプは、頻度の少ない重量物が移動する通路等です。
価格は、一般的に、アクリルラッカー系床用塗料よりは若干高価。
 
③強溶剤ウレタン樹脂系床用塗料
特徴 通常2液型ウレタン塗料です。主剤と硬化剤を混合し、シンナーで薄めて塗装します。乾燥性は、通常半日から数日(塗料の液温によります。)かかります。
耐久度は、それなりにある床材塗料です。
歩行用等の床面には適する床用塗料です。
2液型ですので、混合したものは一定時間内に使用する必要があります。旧塗膜(塗り重ねられる塗膜)がある場合は、希釈用シンナーに侵されない(溶けない)事が必要です。
塗替え床塗料は、エポキシ系の床用塗料か強溶剤ポリウレタン樹脂系です。
 
④弱溶剤型ウレタン樹脂系床用塗料
特徴 塗料用シンナーで希釈できるウレタン樹脂系の床用塗料です。
性能は、強溶剤系のウレタン樹脂塗料には劣りますが、旧塗膜(下地の床用塗料)が強溶剤系のウレタンシンナーで溶け、塗料用シンナーでは溶けない場合に使用できる塗料です。
最近の塗り床用塗料現場の需要を加味して作られた塗替え用床用塗料です。
 
⑤強溶剤エポキシ樹脂系床用塗料
特徴 通常2液型のエポキシ塗料です。主剤と硬化剤を混合しエポキシシンナーで希釈して使用します。
耐久性や耐薬品性等は、優れていますが、旧塗膜がエポキシ系で無いと下地を侵す危険性が多くあります。 硬くて良い塗膜を形成しますが、対候性が無いため屋外で使用すると色とびや黄変しやすくなります。
 
⑥無溶剤系エポキシ樹脂系床用塗料
特徴 簡単に言うと強溶剤系エポキシ樹脂系床用塗料の希釈用シンナーを入れないタイプです。シンナーを入れない事により、厚膜を作る事ができ、また、下地の旧塗膜の選択肢が広がり、塗装中や塗装後の有機溶剤臭が殆どありません。
難点は、塗料が高価で、主剤・硬化剤を混合して塗装をしなければ行けない時間(ポットライフ 可使時間)が短く、施工には、熟練度が必要な塗料であることです。
下地が、耐久性が弱い塗料の時、床面を強化したいときには効果を発揮する塗料ですが、事前のテストが必要な塗料です

自然塗装(自然塗料の塗装)
自然塗装と良いながら、自然塗料の塗装とはどう言えば良いのか悩むところです。
なぜ悩むのか、塗料業界にも多くあるのですが言葉の定義曖昧さが多く存在します。
 弊社では、自然塗料とは自然に存在する油や樹脂を顔料と混合した物として考えて自然塗料とし、その塗装(自然塗装)について、説明してゆきます。
自然塗料の長所
自然塗料の場合、自然界の存在している物が主成分ですから使用環境を汚染する可能性が低い事があります。よって、塗膜として機能している状態で、アレルギー等の症状を起す可能性が低いと思われます。
自然塗料の欠点
自然塗料は、人工的に合成した塗料に比べ作業性が悪かったり(乾燥が遅い)・耐久性・防食性が人工樹脂よりも劣ります。つまり、人工樹脂塗料と同等の性能を持たせるには、常に塗り重ね等のメンテナンスが必要です。
塗料の機能である、素材を保護する役割を維持するには、多くの労力を必要とする塗料です。ですが、自然塗料には植物系の油分から作った塗料等もあり、仮に微量の塗料が摂取されたとしても影響の無い塗料も存在します。

外壁エアレススプレー塗装(外壁塗料の塗装)
住宅やビルなどの建築物の外壁には、紫外線や酸性雨などの外壁材を劣化させる作用が多く存在しています。それを少しでも遅らすために、犠牲になるのが外壁材に塗装された塗料です。
ここでは、その外壁を守る塗料を塗装する事、外壁塗装についてご説明します。
足場で建築物を多い塗装業者の方が建物を洗浄及び塗装しているのを、みなさんもどこかで見かけた事があると思います。
外壁塗装の現状
戸建住宅の場合、新築時には工場塗装で、現場塗装は2回目以降の塗替え塗装工事というのが一般的になっています。
弊社の様な業者で言えば殆どの場合、お客様には、塗替え提案をさせて頂くのが殆どです。
提案内容
①現状の塗膜(旧塗膜)の診断
現状の状態を把握する事が、塗替え工事には大変重要な事です。
②現状を踏まえた上での、塗装提案
一口に外壁塗装といっても、塗料の選択により耐久性や意匠性・機能性等様々な塗料が存在します。
③カラーの提案
塗料の利点は、色のバリエーションが豊富な事が上げられます。それを楽しむのも新しく塗装する時の楽しみではないでしょうか。
④施工時のご要望の取り入れ
お施主様の生活スタイルによる施工時のご要望に、出来るだけ即した形で工期を決定いたします。ただし、施工上、優先できない場合は、その理由をご説明させて頂きます。
⑤施工完成後、施工仕様書の提出
塗膜性能やメンテナンス及び塗替え目安等を明確にするため、施工の詳細をまとめ、次回塗替え時の参考にして頂けるようにします。大切な財産を守る長期的な塗装システムをご提案します。
⑥補修塗料の販売
DIYとして補修されるときに、塗料の小分けをさせて頂きます。
施工例
外壁塗装では、洗浄→下地補修→下塗り→中塗り→上塗りの様な工程を踏みます。
(個々の塗料によっては、異なる事も多くあります。)

Exterior Painting Process

1. Powerwashing: Most of our residential and commercial repaints
are powerwashed to remove anything that would prohibit proper
paint adhesion. Where powerwashing is impossible or impractical,
we hand-wash all areas to be painted. We will then wait 2-5 days
depending on weather to allow the surface to fully dry.

2. Substrate Repair:Any peeling, checking, alligatoring, or other
failing painted areas are scraped fully, sanded to blend the edge,
and primed to seal the surface prior to painting. Severely
damaged areas can also be stripped with an environmentally
friendly stripper, rewashed, and primed. Any cracks in windows,
doors, and siding are caulked to better seal against moisture.
Remember, preparation is the most important part of a paint job!

3. Paint spraying Process: We dropcloth all areas where we are painting,
taking care to preserve landscaping, and mask any areas subject
to overspray. Our standard paint application process is hand
brushing and rolling, as we have found this leads to a longer-
lasting, more uniform final product. Alternately, we have airless
spray capabilities that can be used for stucco and certain staining
processes. As always, the customer’s preference can certainly
be accommodated. Just let our estimator know during the
estimate, and we’ll include your request in the written agreement.

4. Cleanup: We remove all masking material, drop cloths, and other
equipment from the painted area, replace any shutters, hardware,
or other previous removed pieces, and do a final inspection.